あまり良い物件が見つからないフランチャイズ

あまり良い物件が見つからないフランチャイズ


あまり良い物件が見つからないフランチャイズ
多くの不動産屋から情報をもらっているフランチャイズ経営の不動産屋は、おこぼれの物件が多いことから必ずしも良い物件があるとは限りません。
つまり情報伝達が遅いです。大家さんや周辺環境について聞いたとしても、聞き流されてしまうケースがあります。

確かにフランチャイズ経営をしている不動産屋は豊富な物件数を抱えているのですが、その反面物件のオーナーとは顔見知りで無いケースが多くあります。
なので「子供はダメ 」等の単純な条件の見落しが発生してしまい、結果気にいったところでも審査で落とされてしまうことがあります。
人気のフランチャイズ不動産屋は、直接大家さんとやり取りをしている物件はあまり抱えていません。
カウンターで見ることの出来る情報は、白黒で印刷されていて書式が統一されていないどこかの会社が扱っている物件ばかりとなっているのが特徴です。 賃貸物件に引越しをする前には、必ずその物件にまで足を運んで物件そのものはもちろんのこと近所も見て回りましょう。
実際に住んでみて「こんなはずじゃなかった」と後悔しないようにしましょう。



あまり良い物件が見つからないフランチャイズブログ:2020-01-21

「みっか間で6`やせた!」とか
「ひと月でモデル体型に!」という文字を見つけると、
つい試したくなってしまいますよね。
わしも何度試したことか…

そのような話題になる減量の中で、
多くの人がやったことがあるのが
「単品減量」ではないでしょうか?

「バナナ減量」「りんご減量」
「こんにゃく減量」…などなど
あなたも、もしかすると1つくらい
挑戦したものがあったりしませんか?

単品減量は、
「ある食品以外絶対食べない」という減量方法ですから、
栄養面から見るとからだに悪そうというイメージはありますよね。

それでも、次々に新しい単品減量が話題になるのは
なぜだかわかりますか?

それは、とにかく一時的にでも体重が落ちるため、
「減量が成功した」と錯覚してしまうからなんですよね。

でもそれは、
「減量が成功した」のではなく、
単に栄養失調になっているだけ!

生命を維持していく栄養が足りなくなってしまうため、
極端に言えば、命にもかかわりかねない、
非常に危険な減量なんじゃないでしょうか?

そこまで深刻な状態にならなかったとしても、
からだは栄養失調状態となるため、
食べ物が少しでも入ってきたらすぐため込んでしまい、
リバウンドしてしまうのです。

しかもストレスもたまってしまうため、
からだ自体に異変を起こすことも考えられます。

このように単品減量は危険なので、
できれば、やめておいた方が良いと、
わしは思います。

あまり良い物件が見つからないフランチャイズ

あまり良い物件が見つからないフランチャイズ

★メニュー

貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
敷金について理解しておこう
来客数が少ないから地域密着型が狙い目
日当たりなどの方角は自分自身で確認
一般的な礼金に必要な金額
賃貸の契約は二年毎に更新
物件情報豊富で信頼性のある大手不動産屋
あまり良い物件が見つからないフランチャイズ
家賃設定を超える物件は見ない
携帯電話が圏外のマンションがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)近頃の便利で快適な賃貸物件