賃貸物件の更新料は、多くの場合担当をした不動産が代行をして徴収をしますが、その代行料として更新料の半分が不動産屋へ支払われるのが一般的となっています。
このように賃貸更新料は不動産屋の定期的な収入として計算されたものとなるのです。

 

日本が定めている法律では、賃貸の契約料は明確に決められているワケではなく、物件のオーナーである大家さんや管理会社が決めることとなります。
更新料は不動産屋に支払うというものではなく、大家さんに全額支払われるものとなります。
賃貸物件の契約は、基本的に二年となっており、この二年の契約料として初期費用がいくらかかかることがあります。
2年後に継続して住む場合には、家賃の1ヶ月分程度の更新料を払う必要があります。 貴方が今現在住んでいる賃貸物件で満足されていますか?中には仕方なく選んでしまった人もいるかと思います。
賃貸選びで最も大切なこととなるのが、途中で妥協をしないで理想を追い続けることなのです。



賃貸の契約は二年毎に更新ブログ:2019-07-21

シェイプアップで大切なことは
「24時間三食食べる」ということなんですよね。

そんな当たり前のことが、
何でシェイプアップの役に立つの?と
疑問に思われるかもしれませんが…

太った人の特徴として、
「ほとんど無意識のうちに何かを食べていることが多い」んですよね!

例えば…
テーブルの上にあるおやつやくだものなどに、
腹が減っているわけではないのに、
何となく手を伸ばしてみたり、
テレビを見ながら何かを食べていたり、
13時の残り物を「もったいない」などと言いながら、
何のためらいもなく、時間差で食べてみたり…
こんな傾向、あなたにはないでしょうか?

もっと極端な人になると、
冷蔵庫の前を通るたびに、扉を開けて何かをつまんでみたり、
職場のデスクの上や引き出しにおやつを常備して、
思いついては食べてみたり…

結局、彼らはほとんど無意識のうちに
24時間5回6回と、食べ物を口に運んでいることになります。

つまり、
「24時間三食食べる」ということは、正確には
「24時間三食しか食べない」ということで、
とにかく24時間に食べる食事の回数をキチンと決めて、
まずは「それを守ることから始めないと…!」という意味なんです。

また、
どうしても甘いものやおやつが止められない人は、
その三食の内で食べれば良いので、
おやつなどを一切禁止!という意味ではありません。

古典的なシェイプアップ法の一つに、
食事の前に「水」を飲むという方法がありますが…

「水」に、ダイエット効果があるわけではなく、
「食事の前に水=水を飲まずに食べない」というルールを作ることで、
日頃あまり意識されない食事が無意識に減ったり、
食事の全体像が本人に分かりやすくなり、コントロールしやすくなった結果、
シェイプアップにつながるんですよね!